歯を失った部分に人工歯根を埋め込み、
その上に人工の歯冠を被せる治療です

インプラント治療とは、歯が抜けてしまったところに人工の歯の根を植えて、その上に人工の歯をかぶせる治療のことです。「入れ歯やブリッジではグラグラしてしまう・違和感がある」といった患者様には特におすすめしています。インプラント治療では、ワイヤーで負担をかけたり、両側の健康な歯を削ったりせず、骨にしっかりと歯を固定することで安定させる事ができるため、自分の歯に近い感覚で、物を噛んだり話をすることができます。

インプラント治療には、主に1回法と2回法があり、すぎうら歯科では「オガ・インプラント」と呼ばれる1回法の治療を中心に行っております。1回法の治療は、手術の負担が大きく仮歯が入るまでの期間が長い従来の2回法と比較した場合、インプラント埋入時に大きく切開しないという特徴がある為、痛みや腫れが少なく、素早く安全に治療を行えます。オガ・インプラントは患者さまの負担を最小限に抑えることができる治療で、一本から全部まで、どのような症例でも治療を行えます。